連単倍率(れんたんばいりつ)

解説

関連カテゴリ: 経済

親会社の単体決算とグループ会社の連結決算の比率。純利益のほか、売上高や総資産などを測る指標として用いられます。純利益の場合、計算式は「連結純利益÷単体純利益」となります。連単倍率が低い企業ほど、親会社がグループの経営に与える影響が大きいことになります。例えば、純利益の連単倍率が1倍を下回っていれば、グループ内の子会社の純損益合計が赤字であることを示します。企業の財務を分析する手法のひとつです。

情報提供:株式会社時事通信社