バリュー平均法(ばりゅーへいきんほう)

解説

関連カテゴリ: 株式 債券・金利 為替

資金運用の最終的な目標額を決め、目標額に達するように投資額を増減すること。積立投資の手法のひとつで、相場が上昇しているときは株式など金融資産の購入額を減らし、下落しているときは購入額を増やすことになります。一方、ドル・コスト平均法では、金融資産の購入額は一定で、相場の上昇局面では少ない資産を、下落局面では多くの資産を購入することになります。

情報提供:株式会社時事通信社