CRS(しーあーるえす)

解説

関連カテゴリ: 経済

英語表記「Common Reporting Standard」の略で共通報告基準のこと。外国の金融機関に保有する口座を利用した脱税や租税回避を防ぐ目的で経済協力開発機構(OECD)が策定した国際基準です。日本を含む100以上の国・地域が参加し、各国の金融機関は非居住者の口座情報を自国の税務当局に報告。当該情報を非居住者の居住する国の税務当局と自動的に交換し、国際的な租税回避を防止する仕組みです。

情報提供:株式会社時事通信社