逆指し値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)

解説

関連カテゴリ: 株式 債券・金利

損失が発生してきたときに、それ以上の損失を避けるための注文のこと。「ストップロスオーダー」とも呼ばれます。自身のポジションに応じて、「ある値段まで下がったら売る」「ある値段まで上がってきたら買い戻す」という、通常の指し値注文とは逆の条件で発注される注文です。

情報提供:株式会社時事通信社