ストラドル(すとらどる)

解説

関連カテゴリ: 株式 債券・金利 為替

オプション取引の手法で、同一の限月で同一の権利行使価格コールオプションプットオプションを組み合わせた取引。相場の方向性に関係なく、相場が変動するかどうかを予想して行う戦略で、同じ行使価格のコールオプションとプットオプションを同数買うロングストラドル(ストラドルの買い)は相場が変動するほど利益が上がり、同じ行使価格のコールとプットを同数売るショートストラドル(ストラドルの売り)は相場が狭い範囲でしか変動しないと予想される場合にとられる戦略です。

ひとくちメモ

ロングストラドルは、相場が上がるか下がるか分からないが、大きく動きそうだと予想される場合にとられる戦略で、相場が上昇した場合にはコールオプションを行使し、相場が下落した場合にはプットオプションを行使することで利益が得られます。ただ、プレミアムを約2倍(コールのプレミアムとプットのプレミアム)支払わなければならないため、支払いプレミアム以上に相場が大きく変動しないと、利益を得ることはできません。
ショートストラドルは、プレミアムを約2倍(コールのプレミアムとプットのプレミアム)受け取れるうえ、相場が予想通り安定していれば利益を得られますが、予想がはずれた場合にはリスクが無限大になる可能性があります。

情報提供:株式会社時事通信社