円安(えんやす)

解説

関連カテゴリ: 株式 債券・金利 為替 経済

ドルやユーロなど海外の通貨に対して円の価値が下がる(低くなる)こと。例えば、為替レートが1ドル=100円から1ドル=110円になった場合に「円安ドル高」といいます。円に対する各国通貨の価値は、その国の金利や経済成長率やインフレ率などの経済情勢で変動します。円安になると、1ドル=100円で取引していたものが1ドル=110円になるため、輸出企業にとってはプラス要因となります。日本経済は、自動車をはじめとする輸出産業が支えている面が強いことから、輸出企業が収益をあげやすい円安は好景気になりやすく、株式相場も上昇傾向となります。

ひとくちメモ

外国債券や外国株式などの外貨建て商品は、円安のときに購入し、円高になってから売却すると為替差損が発生しますが、購入時より円安が進むと為替差益が得られます。

情報提供:株式会社時事通信社