トウバ(とうば)

解説

関連カテゴリ: 株式 債券・金利 為替

ローソク足で、始値終値安値が同じで、高値があった場合にできる、下ヒゲがなく、上ヒゲがある逆T字の形状のこと。同事線の種類のひとつです。「塔婆(とうば)」と記す場合もあります。

ひとくちメモ

高値圏でトウバ出現した場合は、売り買いが拮抗し始めていることを意味し、それまでの上昇トレンドからの転換を暗示しているといわれています。

情報提供:株式会社時事通信社