ストキャスティックス(すときゃすてぃっくす)

解説

関連カテゴリ: 株式

現在の株価が売られ過ぎか、買われ過ぎかを判断するときに使われるテクニカル分析手法のひとつ。過去の一定期間における最高値と最安値のレンジの中で、現在の株価が相対的に見てどこに位置するかを示すものです。株価と日数の振幅を元に計算し、先行する「%K」と、%Kを移動平均化した「%D」という動きが異なる2本のラインをチャート上に表示し、その水準やクロスの仕方から、相場の転換点や割高、割安の売買タイミングを探すことができます。%Dを一定期間平均化した「SLOW%D」を利用する場合もあります。

ひとくちメモ

一般的に、%Kと%Dが20~30%以下だと売られ過ぎ、70~80%以上だと買われ過ぎとみられており、逆張りの投資手法として利用されています。

情報提供:株式会社時事通信社