十字線(じゅうじせん)

解説

関連カテゴリ: 株式 債券・金利 為替

ローソク足で、始値終値が同じだったものの、高値安値があった場合にできる、上ヒゲ下ヒゲが両方ある十字の形状のこと。同事線の種類のひとつです。売り買いが拮抗している状態で、相場の転換点を暗示しているといわれています。

情報提供:株式会社時事通信社