行動ファイナンス理論(こうどうふぁいなんすりろん)

解説

関連カテゴリ: 経済

「人は常に合理的に行動するとは限らない」という前提に立って経済のあらゆる現象や金融市場の動きを考えていく理論。経済学と心理学を融合したような理論です。2002年にプリンストン大学のダニエル・カーネマン博士が行動ファイナンス理論のひとつである「プロスペクト理論」を展開し、ノーベル経済学賞を受賞しました。

情報提供:株式会社時事通信社