陰陽足(いんようあし)

解説

関連カテゴリ: 株式 債券・金利 為替

一定期間の相場の動きのうち、始値終値高値安値4本値を、白や黒の棒で表したチャート。「ローソク足」の別名です。白黒の場合は陽線は白、陰線は黒となりますが、カラー表示の場合は陽線は赤、陰線は青で描きます。日本で開発され、相場の時系列的な動きをグラフ化した「チャート」の中では最もよく使われています。期間によって、「日足」「週足」「月足」「年足」などがあります。

情報提供:株式会社時事通信社