社員インタビュー

三井住友DSで活躍する社員を紹介します。

新しい投資戦略の
開発に挑む

【大学時代の専攻・研究】
工学系研究科化学システム工学

株式運用第一部

今、こんな仕事をしています!

クオンツ運用担当に所属し、Quantitative(数理的・定量的)な手法を用いた株式運用を行っております。私は現在、外国株式のパッシブファンド運用を担当しております。定量的な手法を用いて、トラッキングエラーや売買コスト等の最小化を目指して運用しています。また、新しい投資戦略を開発するため、株価やその他データを用いて様々な投資手法のシミュレーションも行っております。

「やりがい」を教えてください

ありきたりではありますが、担当業務を上手に成し遂げたときです。
クオンツチームは運用するファンド数が非常に多く、常に計算やオペレーションの効率化と向き合っています。効率的な計算方法や仕組みを考案・構築・運行できた時には、頑張ってよかったと思います。またクオンツ運用はアカデミックな背景を持つことが多く、担当業務周辺の背景を理解したうえで運用ができたり、その知識を投資戦略開発に生かせるようになる瞬間も非常にやりがいを感じます。

学生の皆さんへ

なにかと時間の無い学生生活ですが、なるべく時間を割いて幅広い業界をチェックしましょう。自分が本当に進むべき道を見定めるには、世間と仕事を幅広く知ることが有力な手段になるでしょう。私自身就職活動末期になって、この資産運用業界とそこで夢を追いかける人に出会い、それがまさに自分の進みたい道だと気づきました。
もし我々と同じ方向を見て一緒に夢を描ける方がいらっしゃいましたら、当社で切磋琢磨できることを楽しみにしております。

top