社員インタビュー

三井住友DSで活躍する社員を紹介します。

仕事を通じて
世の中を知る

【大学時代の専攻・研究】
経営工学専攻、数値的最適化を研究

株式運用第一部

今、こんな仕事をしています!

日本株ファンドの運用を担当しています。
お客さまの資産の成長に資するために、ベンチマークとなる指標(Topix)を上回る運用成果を目指しています。
マクロ経済の景況感から、個別企業の業績の詳細まで、様々な観点について自ら取材したり、会社内外のエコノミストやアナリストと議論を重ねたりすることで、どの銘柄を、どの程度、どのタイミングでポートフォリオに組み入れたり減らしたりするのかを決定しています。

「やりがい」を教えてください

マーケットが自分の仮説通りに推移し、想定通りに運用成果が上がった時には達成感を感じます。マーケットでは再現性が確保できず、物理などと違って「絶対に正しい」と証明できる仮説が無いため、間違えることも多いのですが、様々な仮説に対して日々結果が出るため、仮説検証のサイクルを次々と回していくことができる点にはやりがいを感じます。また、世の中のことを広く深く知ることができる点も、この仕事の醍醐味です。

学生の皆さんへ

就職活動はさまざまな業種の人から話を聞くことができる良い機会です。会社の説明会だけではなく、先輩や知人からも話を聞くことで、学生の目線とは異なる視点からの思わぬ発見があるかもしれません。視野を広くもって、いろいろな可能性を探ってみてください。

top