つみたてNISA(つみたてにーさ)

解説

関連カテゴリ: 投資信託 株式 経済

2018年1月にスタートした少額投資非課税制度(NISA)の積み立て型の新制度。当初は「積立NISA」とされていましたが、幅広く利用され定着するように「つみたてNISA」に表記が統一されました。複数銘柄の有価証券や複数種類の特定資産に分散されているなど長期分散投資に適した株式投資信託とETFの譲渡益・配当金に対象を限定し、若年層や現役世代が、毎月一定額を積み立て投資して、長期分散投資のメリットを十分に享受できるようにしました。
非課税期間は20年と一般NISAの5年より長期に設定されていますが、年間投資上限額は40万円と一般NISAより低くなっています。20年度の税制改正で、口座開設可能期間は42年まで延長されました。

ひとくちメモ

対象となる商品は、信託期間が無期限か20年以上で、毎月分配型ファンドでないことが条件です。また、購入時の手数料が株式投信はゼロ、ETFは1.25%以下で、信託報酬も株式投信は1.5%以下、ETFは0.25%以下と低く抑えられているものに限っています。金融機関は対象商品を金融庁へ届け出る必要があります。

情報提供:株式会社時事通信社