人生100年時代の 資産 設計

  • 現在の貯蓄で老後の生活は大丈夫だろうか?
  • 老後はどれくらいお金が使えるのだろう?

1~4の条件を入力し、
シミュレーションスタート

取崩し方法による資産の寿命を比較してみましょう。

  • 1. 取崩しを始める年齢

    65
    • 2. 金融資産額

      3,000 万円
      • 3. 運用利回り(年率)

        5.0 %
        • 4. 取崩し方法の比較

          ?
          30.0 万円
            ?
            6.0 %

              「定率(年率)」は隔月で資産残高を一定の割合で取り崩していく方法です。
              (例:年6%の場合、隔月毎1%)

            シミュレーション結果

            グラフのカーソルを動かすと、その年齢時点の結果が表示されます。

            100歳時点

            定額
            取崩し

            隔月取崩額
            15万円
            資産残高
            999万円

            定率6%
            取崩し

            隔月取崩額
            25万円
            資産残高
            999万円

            万円

            定額取崩し

            定率取崩し

            ポイント

            「定率取崩し」は、資産残高の増減に応じて取崩金額が調整されるため、資産残高の減少に従って取崩金額が小さくなり、資産の寿命を延ばすことができます。
            人生100年時代を楽しむためには、「いつまで生きるか(生命寿命)」だけでなく、「いつまで健康に生きるか(健康寿命)」と「いつまで自分の資産で生活できるか(資産寿命)」の両方を考えることが大切です。
            人生100年時代の資産設計では、資産を運用して「増やす」ことに加えて、資産の取崩し方を工夫し「長持ち」させることが重要です。
            資産寿命を延ばす工夫として「定率取崩し」を活用してみませんか。

            • ※定率取崩しの各時点における隔月取崩額は、各年末時点における隔月の取崩額を表示しています。隔月取崩額の計算にあたっては、小数点以下まで考慮しているため、実際の残高と一致しないことがあります。
            • ※上記は一定の前提条件に基づきシミュレーションを行ったものであり、実際の投資成果ではありません。
              また、将来の成果を示唆あるいは保証するものでもありません。
              実際の投資においては諸条件が異なることにより投資成果は大きく異なり、投資元本を下回ることもあります。
            • ※将来の運用成果を示唆あるいは保証するものではありません。内容の正確性、完全性、適合性等を保証するものではありません。
              当該情報の利用による投資等の損益はすべてお客さまに帰属し、三井住友DSアセットマネジメント株式会社は一切責任を負いません。

            TOPへ